プラスチックカード印刷

カード印刷
昇華転写印刷

昇華転写印刷

プラスチックカードの印刷はカラーリボンまたはモノクロ(単色)リボンを使用しておこないます。セキュリティレベルの高い従業員証などでは、磁気ストライプやICチップなどの仕様に合わせて同時にエンコード(書込み)することができます。
GRASYS IDカードプリンターは、例えば店頭でお客様向けに即時発行できるよう、最大限の効率的な昇華転写技術を採用して います。
昇華転写印刷は3原色のY(イエロー)、M(マゼンタ)、C(シアン)のそれぞれのカラーパネルと熱溶融転写用の黒(K)パネルを使います。このうちYMCパネルはカラー印刷に、黒(K)パネルは文字やバーコードを印刷するのに使われます。そして透明なオーバーレイパネル(O)は摩擦や傷からカード表面を守り、保護する役割があります。

リボンの印刷順

インクリボン印刷順

左の図はベースとなるカードに対して下から順に各インクリボンパネルの印刷順を示しています。

白色はカード素材の色をそのまま透過して利用します。付属ソフトではデザインに配置した画像やデザイン、テキスト、バーコードなどのオブジェクトをどのインクパネルで印刷するか指定することができます。カラーパネル指定・黒パネル指定、いずれの場合も白色は透過したカードの色を利用します。
UVパネル付きのカラーリボンではオブジェクトをUVパネル印刷に指定するとUVインクパネルで印刷することができ、紫外線の照射で蛍光するオブジェクトとなります。UVパネルは反転印刷の指定も可能です、中抜きのロゴなどの表現をすることができます。

カラー印刷

カラープリント

カラーリボン(YMCKOリボン)を使用した印刷は、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)の3原色のカラーパネルで構成されるカラーリボンパネルを使い、サーマルプリントヘッドの加熱によってカードに解像度300dpiでカード表面に昇華転写印刷されます。文字やバーコードなどの印刷には黒(K)パネルが使用され、熱溶融転写されます。
白や透明部分はカードの白で表現されます。UVインクパネルはカラー(YMC)の上から印刷されます。
カラー(YMC)は画像やロゴなどのプリントに優れた印刷品質を実現します。


単色印刷

モノクロプリント

モノクロ(単色)印刷は、単色(例えば黒、白、金、銀などのリボンを使って溶融転写印刷をします。

あらかじめデザインが印刷済のカード(プレ印刷カード)に名前などの文字(可変情報)を黒インクリボンだけで追加印刷する場合は最も費用対効果が高く、印刷速度も4秒と早いのが特徴です。
単色リボンは300x300dpiだけでなく300x600、300x1200dpiに対応しています。顔写真などのカラー画像がなく、可変情報の差込印刷が必要な場合に理想的な印刷方法です。
黒リボンは、病院の診察券や一時的な従業員カード、小売店の会員カードなどの用途に用いられ、文字や種々バーコードを印刷します。他のカラーはワンポイント用に使用します。カードの背景や広い範囲の塗りつぶしはシワなどが発生しやすく向いていません。