ビジネスサイズとプリンター

ビジネスサイズにあったIDカードプリンターを見つけるために


自社のためのカードプリンタ選び、決定する前にいくつかの重要な確認項目があります。
IDカード発行に何が重要かを決めておくことで、正しいプリンターを見つけることが容易になります!

カードの発行数、発行頻度は?

すべてのプリンタが一定の印刷機能や大量のカード発行を処理出来るように設計されているわけではありませんので、ベースとなるこの情報は重要です。
ID170シリーズはエントリーレベルで、特にカードのストック容量が小さく設計されており、ID200シリーズはカードのストック量が多くなっています。
GRASYSプリンターには多くの機能をアップグレードで追加することができますが、基本となる印刷速度や耐久性はアップグレードすることができないため、最初にしっかり判断しておくことが必要です。

両面印刷は必要ですか?

GRASYSプリンタは、片面印刷または両面印刷のオプションを提供しています。最も適切なプリンタを事前に購入することで、問題を解決したり、費用を削減したりすることができます。片面と両面の違いについて、そしてどのタイプのプリンタが貴社に最も適しているかに事前に学びましょう。

非接触ICカードを使用しますか?

入退室や勤怠管理目的で非接触ICカードを導入する企業が増えています。

GRASYSプリンターは非接触ICカードに直接印刷することができます。純正のインレイタイプの非接触ICカードはICチップとアンテナがカード全体に埋め込まれており、表面がフラットで印刷に適していますが、巻線タイプの非接触ICカードでは表面が凸凹になるため印刷ムラが生じます。GRASYS純正の表面のフラットなカードを使用してください。

カードの使用期間が短い場合、コストが少し高い非接触ICカードに直接印刷せずに裏面シール付で極薄のスティッキーカードを使用することをおすすめします。
このカードは印刷後に非接触ICカードに貼り付けて使用し、カードの使用をやめた際に剥がして非接触ICカードを再利用することができるものです。

将来必要な機能

ビジネスやカード発行のニーズが変化または大きくなる可能性が高い場合、貴社と共に進化することができるカードプリンタを購入することが不可欠です。 様々なオプションでプリンターの構成を変更できるGRASYS IDカードプリンタを購入するのが最適です。

機能追加

・一度で両面に印刷したい:両面印刷機能

・セキュリティ要素を高めたい:ラミネート機能、ICエンコード機能、磁気エンコード機能

・カードの耐久性を高めたい:ラミネート機能

・複数台のPCで利用したい:ネットワーク機能

・発行カードの保存容量を多くしたい:排出ホッパー追加

印刷品質

GRASYSプリンターは印刷品質と拡張性が高く、ほとんどのニーズに対応しています。

しかし貴社がお客様のために定期的にカードを印刷し、製品レベルの最高品質の色と画像が必要な場合は、プレ印刷カードを使用することをお勧めします。プレ印刷
カードに予めデザインと固定情報部分をオフセット印刷しておき、カード発行時に可変情報だけを印刷することで品質とスピードが高まります。

GRASYSプリンターはダイレクト印刷方式でカード端に0.2〜0.5mm程度の余白が生じます。デザインをカードいっぱいに配置したい場合にもプレ印刷カードのご利用をおすすめします。