付属ソフトを使用する

デザインと印刷データの作成

GRASYSプリンターに付属しているソフトウェアGRASYS IDはカードのデザインと差し込み印刷をすることができます。

デザインの作成

デザインを手早く作成するには、当サイトのテンプレートデザインから、想定したデザインにできるだけ似ている(項目の数なども)ものをダウンロードして、修正します。同様に、テンプレートデザインの背景デザインだけを利用することもできます。


片面用・両面用デザイン

GRASYS IDソフトは片面用・両面用ともにデザインを作成することができます。

両面プリンターの場合は両面用のデザインを使用して一度でオモテ、裏のデザインを同時に印刷することができます。

ご注意

*デザイン作成はGRASYS IDソフトからプリンタ設定のSide/Mediaで片面用(Top)か両面用(Both)を切り替えて作成することが可能ですが、両面印刷用のデザインを片面プリンターで印刷するとオモテ面だけは印刷することができますが、両面デザインに含まれている裏面のデザインを印刷することは出来ませんのでご注意ください。
*GRASYS IDソフトのプリンタ設定はデザインファイルに印刷時の設定を保存しておくためのもので、次にこのデザインファイルを開いた際に自動的にプリンタ設定を反映するためのものです、実際に接続されたプリンターやプリンター内のインクリボンがプリンタ設定と異なる場合は印刷することが出来ません。
Banner
インクリボンの構成

インクリボンとインクパネル

カラーインクリボンにはカラー印刷部分、黒印刷部分、保護層部分に分かれており、それぞれカラー、黒、オーバーレイ(保護)として使用されます。

カラー部分はY、M、Cの3色のインクパネルで構成され重ねて印刷されます。黒部分はKパネルを使用してカラーの上に印刷します。保護層はオーバーレイパネルを使用してカード表面を保護するために使用されます。

GRASYS IDソフトではデザインに配置した文字や画像、枠線などの項目をそれぞれどのパネルで印刷するか指定することができます。例えば文字は作成した際に自動的に黒(Kパネル)を使用する設定になりますが、カラーパネルに指定することで色を変えることができます。

白の表現はカード素材の色が使用されます、カラーパネル、Kパネル共に白に設定した部分は印刷されず透過されますが、カラーとKの重なりに注意してください。
カラー印刷層の上に黒(K)層を印刷しますので黒(K)で白を設定した部分は透過され、下層のカラー部分が表示されます。
カラーの上層にもカラーの項目がある場合は一度ですべて印刷されるため、上側の層で白く設定した部分はすべて透過され、カードの下地が表示されます。


背景画像の作成

はじめに、デザインの背景画像を作成して設定します。デフォルトでカラー印刷される設定になります。

カードサイズは約8.5x5.4cmで、ピクセルであらわすと1030x636ピクセル(画素)です。
イラストレータなどのデザインソフトで背景を作成する場合のサイズは1,030x636ピクセル、解像度を300dpiとしてください。

必要以上に大きなサイズを使用すると表示は可能ですがデータサイズが大きく・重くなり印刷に影響を及ぼすことがありますのでご注意ください。
背景作成時はロゴや捺印画像なども背景にまとめておくと便利です。


テキスト、バーコードの追加

文字列はフォント種、サイズ、寄せ、太字などを設定することができます。

最初に描画ツールのテキストアイコンを使用して文字枠をマウスでドラッグし、文字を入力します。氏名などの可変情報の場合は文字枠の設定後に入力フィールドとして登録します。このときデフォルト値を入力しておくとデザイン画面で表示されるため、テスト印刷に便利になります。

バーコードはバーコードアイコンを使用してJAN(EAN)、NW-7、Code128などの1次元タイプとQR、Maxicodeなどの2次元タイプを設定することができ、こちらも可変情報の場合はバーコード枠を設定後に入力フィールドとして登録します、このときデフォルト値を入力しておくとテスト印刷に便利になります。

テキスト・バーコードはデフォルトでK(黒)インクパネルで印刷される設定になります、変更したい場合は文字枠を選択後にカラーパネルを選択して色を変更します。

入力フィールドとして登録した項目はデータベースの項目として自動的に登録され、データベース画面でそれぞれの項目を入力出来るようになります。


罫線、矩形の追加

描画ツールで罫線や矩形アイコンを使用し、マウスでドラッグします。

デフォルトでK(黒)インクパネルで印刷される設定になります。変更したい場合はバーコード枠を選択後にカラーパネルを選択して色を変更します。 線種、太さ、枠色、塗りつぶしの色を設定することができます。


画像の追加

描画ツールの画像アイコンを使用して画像枠をマウスでドラッグし、画像を選択します。

デフォルトでカラーパネルで印刷される設定になります。

デザイン要素の画像

画像形式はJpeg、BMP、PNGに対応しています、PNGは透過にも対応しています。

顔写真

デジカメやスマホの画像は高画質化してサイズが大きくなっていますので注意してください。

例えば、カード上で2x2.5cmの顔写真の画素数はたった236x304画素(ピクセル)です。何百万画素(ピクセル)も必要ありませんので顔写真と周りの空間を含めてもせいぜい500ピクセル程度あれば十分です。画素数が大きすぎると処理が重くなりデータベースの動作と印刷動作に影響を及ぼしますので注意してください。 画像のプロパティでAutofitを設定しておくと顔認識機能が働き、顔のサイズを自動的に一定に保ちます。

顔写真を可変画像にするには画像枠設定後に入力フィールドとして登録してください、このときデフォルト画像を設定しておくとデザインに表示されるようになります。
*入力フィールドとして登録された項目の枠はデフォルト値を設定していない場合、枠だけが表示されます。


差し込み印刷

同梱のソフトにはデザイン機能と差込印刷用のデータベース機能があります

デザイン画面で入力フィールドを登録すると、自動的にデータベースの項目も作成されます。当サイトのテンプレートデザインを使用すると登録済の入力フィールドがデータベースの項目として表示されます。

発行するカード個々の情報をデータベースに入力して印刷することもできますが、外部のリスト(Excelファイル、CSVファイル)を使用して一括でデータを取り込むこと(インポート)ができます。
エクセルを使用する場合、画像以外はすべてテキスト形式で保存されますので、関数が入ったセルや日付形式のセルはテキスト形式のセルに変換してください。 テキスト形式の日付はファイルのインポートの際に日付表示形式を変更することができます。

画像ファイルの扱い

顔写真などの可変画像がファイルである場合、画像のセルにファイルパスとファイル名を記載してください。自動的に取り込むことができます。
エクセルファイルと同じ場所に画像ファイルがある場合はファイル名のみで取り込むことができます。


データインポート後、データベース画面でカードに可変情報を配置した印刷プレビュー表示やデータの修正や削除、画像の表示サイズ・明るさなどの編集を行うことができます。


GRASYS IDソフトにはその他、データと画像のエクスポート機能や磁気エンコード設定機能などがあります。ソフトウェアはこちらインストールCDからダウンロードしてお試しいただくこともできます。